エクステリアのDIY~モルタル枕木の自作

枕木はおしゃれなエクステリアのアプローチ作りに欠かせない、DIYで庭作りを楽しむ人に人気の素材です。しかし本物の枕木は入手が困難なうえ、重くてDIYでの施工が難しい、経年劣化やシロアリ被害が心配など、デメリットもあります。代替として、コンクリートで本物そっくりに作られた枕木コンクリートは、本物より薄めでDIYでも施工しやすく、劣化やシロアリ被害の心配もなく、人気を集めていて、私は千葉でカーポート工事をした際に導入を検討しました。ます。ただし、こちらも60㎝や90㎝の幅広サイズをたくさん購入すると費用がかさみます。そこで、低コストでエクステリアにおしゃれな統一感を出すために、モルタル枕木をDIYで量産・施工してみました。

■モルタル枕木の材料
セメント

モルタルを固める枠(作りたいサイズに応じて、厚めの合板などで木型を作っておく)
ワイヤーメッシュ
外構用塗料

■作り方
1 作りたい枕木と同じサイズの型を作ります。枠は複数作っておけば、時間があるときにモルタル枕木を量産できるので便利です。
2 セメントと砂、水を混ぜて練り、モルタルを作ります。大き目で厚みのある枕木風にしたい場合は砕石を入れてコンクリートにすると強度が増します。
3 モルタルを型に流し込んで固めます。大き目サイズや車が通る場所に敷きたい場合は、この段階でワイヤーメッシュなどを入れて固め、強度を高めます。
4 1日以上置き、表面が固まりきらないうちに型から外し、キリやフォークなどで表面や側面に木目を刻みます。木目を深めに刻むことで、滑り止め効果も期待できます。
5 乾いたらモルタル壁などにも塗れる外構用水性ペンキで着色します。こげ茶だけでも十分枕木風になりますが、凝りたい人は黒やグレーをミックスしたり、スポンジでポンポン上塗りすると、より本物っぽくなります。

私はレンガサイズの型で量産していますが、レンガの風合いとはまた一味違ったシックな色合いがおしゃれです。アプローチの敷石にする他、積み上げて門柱風にしたり、花壇にも使っていますが、和洋どちらにも似合い、植物との相性も抜群です。小さいので女性でも施工しやすいです。セメント1袋(25㎏)と砂4袋(72㎏)で、厚み5㎝のレンガサイズが20個近く作れるのでコスパもよく、エクステリアをシックな雰囲気に統一でき、差別化も図れるのでおすすめです。

PR|マーケティング経営研究.net新築一戸建てを建てる時に読むサイトカウンセリングのお悩み解決サイトゴミ屋敷解消Q&A注文住宅のための用語集会社経営に必要な知恵袋美容と健康女性ランキング女性のための薄毛治療研究会健康に役立つ口コミ情報エステサロンを上手に利用する情報サイトダイエットチャレンジ英語上達の秘訣