私にとって一番一緒に子供と遊べる庭とは

私が庭づくりで一番大切にしていることを話したいです。
私の庭づくりで大切にしていることは、一人息子が元気に遊べることです。
具体的にどのような庭にしているかというと、芝で全面を覆っている庭ということになります。
なんだ、全面芝なら、全然駄目じゃないかと言われるかもしれません。
しかし、子供がどのような遊びを好きになるかはわかりません。

たとえば、サッカーボールをいじったり、バットで素振りをしたり、庭は何に使うか用途がわからない場合、目的を決めつけない方がいいのです。
私の子供もまだ小さいので、どのような庭にするかは検討中です。
もしかしたら、今のまま芝で覆う感じで終わるかもしれません。
それでも、芝で全面を覆うということは、何にでも使えるという便利さがあるのです。
最近息子が小さなボールを転がして、庭で遊んでいました。
とても楽しそうに遊んでいました。
庭があると、何か誇らしげに感じてしまいます。
庭があることは贅沢かもしれません。
私は子供が大きくなった時に、小さい時に庭で遊んだのが楽しかったと言ってもらいたいと思っています。

雑草が生えないように工夫はしていますが、それでも、庭の手入れはそれなりに面倒です。
庭があると、手間がかかるのは事実です。
でも、私はまだ小さな一人息子と、私の仕事の休日に遊ぶのが好きです。
子供も楽しく、「パパ」と言ってくれます。
このまま、元気に育って欲しいと思っています。
子供が大きくなったら、バーベキューもできます。
そういう意味でも、芝の庭はいいと思います。
もちろん、大きく庭に手をいれることも可能です。
それでも、今、子供と一緒に遊べていますから、芝の庭でも十分です。
私は子供のころ、一軒家ではなく、マンションだったので、庭を持つことができませんでした。
そういう反動もあって、私は子供と庭で遊びます。
そして、子供と遊ぶのが好きです。
仕事で忙しいときも庭で日光を浴びると元気になります。
これからも子供と一緒に成長できるように頑張りたいです。